ホーム > ルース > パライバトルマリン 

商品番号 PC-81


パライバ州、サンジョセ・ダ・バターリャ鉱山(オールドマイン)産パライバトルマリンです。

重さは0.76ct、大きさは5.7x5.1x3.6mmです。

1987年にバターリャ鉱山でエイトール氏によってパライバトルマリンが発見されました。 採掘開始初期の数年間しか産出されなかったオールドネオン(藍色を含むネオンカラー) のパライバの中でも特に高品質なものは、発見者であるエイトール氏の名前に因み 現地ブラジルでは「エイトリータ」との通称名で呼ばれております。 「エイトリータ」はオールドネオンのパライバの中でも別格なのです。

こちらの特徴は何と言ってもこの色の濃さです。ブルーグリーンの色合いが素敵なルースです。こんなに色が濃いにもかからわず、透明感、照りも素晴らしいです。所々に見られる内包物は銅の結晶です。銅の結晶を上手く撮影してみたくて色々角度を変えてみましたが難しいです、白っぽく写っているのが銅です。こんなにも色が濃く、銅も入っているルースですので、分析表を取ったら、5%くらいの数値がでるのでは?と思います。

グリーン系の色の濃いエイトリータをお探しの方、次はいつ仕入れることが出来るのか分からない逸品です!

2020年1月鑑別書取りました!
やはりこの濃い色合いは5%超えです!


販売価格 ¥880,000 
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン
パライバトルマリン