ホーム > 現地写真集

エメラルドの集積地 ボゴタ 

 エメラルドの原石はすべて首都ボゴタに運ばれます。
 研磨オフィス、ブローカーの事務所、バイヤーの事務所、すべてボゴタの
 ヒメネス通り沿いにあります。


 原石を切断しているところ。




 原石を粗磨りしているところ。


 石を松脂で棒に付けて盤の上でファセットを作っていきます。


 ペアシェイプ形のエメラルドにテーブルファセットを付けているところ。


 トラスミレニオという名の列車形バス、ボゴタには電車がありません。
 朝夕は通勤ラッシュで日本の満員電車を思い出させます。


 ヒメネス通りと7番通りとの交差点、首都ボゴタの中心地、
 この辺りのビルにエメラルド業者の事務所が沢山あります。
 買い付け事務所の窓から撮りました。


 左写真と同じ交差点、交通が遮断されよくデモ行進が行われています、
 この時はベネズエラのチャベス政権反対デモでした。


 BRINKSの貴重品輸送車、大量のエメラルドが中に?



 ヒメネス通りと7番通りとの交差点にあるサンフランシスコ教会の前ではよく大道芸人が
 ショーをやっています、私の事務所から見下ろせます。


 ヒメネス通り、奥にはモンセラテという山が見えます。


 モンセラテの頂上から見下ろしたボゴタ。盆地になっています。


 夕暮れのボゴタ市郊外。




トラピッチェエメラルドの名前の由来になったTrapiche「サトウキビを絞る機械」です。
最近はボゴタでもあまり見かけないです。

 本当によく絞れます! コロンビア人もビックリ!

                                           このページのトップへ